2017年09月11日

芽接ぎ(「めつぎ」と打ったら変換されなかった・・)

blog170911-1.jpg

種をまいて2年越しで生えてきた「ネマガード」の桃台木。

こんなに茂っちゃったので、

blog170911-2.jpg

下の方の枝を切ってスッキリさせます。

これから「芽接ぎ」して新たな苗を作ります。

blog170911-3.jpg

採ってきた穂木。これは白鳳。

blog170911-4.jpg

芽の部分をそぐように切り取ります。

blog170911-5.jpg

こっちは台木の方。

blog170911-6.jpg

はめこんで・・

blog170911-7.jpg

ぐるぐる巻き。

葉柄が残してあるのは、活着の判断に必要だからです。

10日ほどたって、これがぽろっと落ちればついている、
しなびてひっついていれば、失敗!ということです。

白鳳を3本と、滝の沢ゴールドを2本接ぎました。

滝の沢は、桃狩りでも大人気だった品種です。

今1本しかないので、少し増やします。
posted by 鶴岡農園 at 21:19| Comment(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: